クラフトビール – 米国編

日本ではクラフトビール(地ビール)ブームが起きており、全国の様々な醸造所がクラフトビールの生産を始めています。

さて、このブームの先駆けを作った国がどこだかご存知ですか?正解はアメリカ合衆国です。アメリカと言えばバドワイザーが有名ですが、実は個性的な地ビールが各地で作られています。

そこで今回は、おすすめのアメリカのクラフトビールを紹介していきたいと思います。

アメリカのクラフトビール

シエラネバダ ペールエール:フルーツの香り漂う爽やかなテイストのビールです。

ニュー・ベルギウム・ファット・タイヤ アンバーエール:甘みが強く、苦みの少ない飲みやすいビールです。

ロストコースト グレイトホワイト:コリアンダー等のハーブが使われているバランスの良い口当たりのビールです。